横山医院のロゴ横浜市保土ヶ谷区の内科
在宅・緩和クリニック 横山太郎Facebook
横山医院の電話番号 横浜市保土ヶ谷区の内科

区役所に!!

カテゴリー:横山医院 在宅・緩和クリニック スタッフブログ|更新日時:2020年7月1日

区役所に置いてあるこの封筒

 

よーくみてみてください

 

そうです。

 

当院のこうこくです!!

 

通院でお困りの方、自宅での診療をご希望の方

気づいていただけると嬉しいです。

 

家族がいる時に訪問診療をお願いしたい、病気について家族と共有したい

予約制なので出来ることがあります。

お気軽にご相談ください。

 

横山医院在宅・緩和クリニック

緩和ケア科 腫瘍内科 内科

院長 横山太郎

横浜市保土ヶ谷区上星川3−2−24 丸宮薬品ビル2階

相鉄線上星川駅 徒歩2分

045-465-6393

日本ユースリーダー 若者力大賞受賞

カテゴリー:横山医院 在宅・緩和クリニック スタッフブログ|更新日時:2020年6月30日

6年前から医療従事者や中高生と一緒に作り上げ継続している社会活動

「10年後の未来を考える会」を評価していただき

第11回若者力大賞表彰式に立つという貴重な経験をさせていただきました。

 

しかも、ユースリーダー支援賞・個人部門を受賞することができました。

個人部門ということですが、仲間と一緒に受賞したと思っています。

いつも支えてくれる皆様に改めてお礼を申し上げたいと思います。

数年前に参加してくれた学生らが医学部に入ったと連絡をもらったり

何かできないと行動し始めた学生もいたり、大人も多くの刺激を受けています。

 

横浜市保土ヶ谷区上星川3−2−24 丸宮薬品ビル2階

横山医院在宅・緩和クリニック

緩和ケア科 腫瘍内科 内科

院長 横山太郎

相鉄線上星川駅 徒歩2分

 

 

 

まもなく始まります!

カテゴリー:横山医院 在宅・緩和クリニック スタッフブログ|更新日時:2020年5月25日

当院 院長横山太郎が

525()1215分から30分間

YouTubeライブ、Facebookライブで生配信します。

#おたがいハマ WEBサイトでも見ることができます。

 

↓↓詳細はこちら↓↓

#おたがいハマ トーク vol.19は、「非医療者も含め,様々な人たちが医療に関わることができ仕組みづくり」に取り組んでいる医師の横山太郎さんをお招きします。

横山さんは、横山医院在宅・緩和クリニックの院長で

医師としての病院での仕事のほか、社会をつくり直す大医を目指して

教育やまちづくりなど地域でさまざまな活動に取り組んでいます。

 

またYOKOHAMAリビングラボサポートオフィス ヘルスケアプロジェクトのプロジェクトリーダーも務めています。

今回は、コロナ危機の状況下で、ヘルスケアという観点から

ウイズコロナを前提とした新しい地域医療のあり方について

お話をしていただきます。

 

<実施概要>

日時:525() 12:1512:45

場所:Zoom + YouTube LIVE + Facebook LIVE

参加方法:ライブ映像はこちらのページから視聴できます。

YouTubeライブ

https://www.youtube.com/watch?v=-ZhNeOr93Iw

Facebookライブ

https://www.facebook.com/LOCALGOODYOKOHAMA/videos/3160781637306994/

#おたがいハマ トーク(LOCAL GOOD YOKOHAMA特設サイト)

https://otagaihama.localgood.yokohama/talk/

ゲスト・横山 太郎さん

リビングラボサポートオフィス ヘルスケアプロジェクト リーダー/医療法人社団晃徳会 横山医院在宅・緩和クリニック 院長/医療補助動画 代表/日本死の臨床研究会 関東甲信越支部 役員/Co-Minkan 普及実行委員会 共同代表/Indicocrea 代表理事/株式会社ピースサイン代表取締役/発信する医師団 メンバー

腫瘍内科医として抗がん剤治療を行う中で「病気を抱えながら、これからどう生活するのか?」に関わる意思決定支援に興味を持ち、横浜市立市民病院 緩和ケア内科で、終末期からではなく診断時から関わり意思決定支援を行なっていく「早期からの緩和ケア」の臨床試験を行い、厚生労働省科学研究班の中でマニュアル作成に携わる。 その中で、医療者のみで意思決定支援をすることは、価値観の多様化から質的にも、超高齢社会から量的にも困難と判断し、「非医療者も含めた様々な人が意思決定支援を行う体制」を作ることが必要だと感じ、社会活動も開始。誰もが「これでいいのだ」と自身をもって決定できる社会を目指す。

【参考】

横山医院在宅・緩和クリニック

https://yokoyamazaitaku.jp/

病気や治療で生じた辛さを和らげる 緩和医・横山太郎さん(タウンニュース:201911日号)

https://www.townnews.co.jp/0115/2019/01/01/462976.html

_____________________

お願い

Facebookに設置した「【横浜市】#おたがいハマ:新型コロナ感染症対策をテーマにした公民連携プラットホームのオープングループ」にご参加ください。新型コロナウイルスに関する情報を共有していきましょう。どなたでも参加できます。

https://www.facebook.com/groups/829823894180583/

【ご協力をお願いいたします!】DONATION/物資の寄付・寄贈のお願い

新型コロナ対策ドネーション「物資の寄付・寄贈」をよろしくお願いします!

既にご存じのこととは思いますが、介護・福祉・医療の分野でもマスクや、防護服、消毒薬などが不足しており、現実的に難しい状況になっています。

少しでも改善していくために皆様にお願いがあります。

未使用のマスク、防護服(ビニール製レインコート等でも可)、消毒薬、プラスチックグローブ(手袋)などがありましたら、寄付をしていただきたいと切にお願いを申し上げます。

https://otagaihama.localgood.yokohama/donation/

新型コロナウイルスに向き合う産官学⺠の共創プラットフォーム#おたがいハマ

https://otagaihama.localgood.yokohama/

主催:横浜コミュニティデザイン・ラボ、YOKOHAMAリビングラボサポートオフィス

協力・支援:横浜市

メディアパートナー:ヨコハマ経済新聞、港北経済新聞、タウンニュース、横浜STORY

暑さに注意!

カテゴリー:横山医院 在宅・緩和クリニック スタッフブログ|更新日時:2020年5月16日

5月とは思えないほど

日差しが強いですね。

 

室内は、暑くなり熱中症にも注意が必要です!

 

我が家の熱中症対策は、水筒です。

自分がどのくらい飲んでいるかわかるから

(ママ〜喉渇いた〜カルピス飲みたい〜からの解放でもあります)

 

さておき、4歳と5歳の子供はとにかく遊びに夢中です。しかもひたすら喋る喋る。

何故かコップだと一口飲んだらおしまい。。。。

どのくらい飲んでいるかもわからないから、心配です。

 

水筒を置いておくと、自分から飲んでくれるし、飲んでいる量もわかる

洗い物もへるからママは大助かり。

 

子供だけでなく、高齢者にもおすすめです!!

 

文章とは全く関係ないけど

自粛生活で子供たちは、100以上アクアビーズ作りました。

横山医院在宅緩和クリニック

緩和ケア内科・腫瘍内科・内科

横浜市 保土ヶ谷区 上星川 3-2-24  丸宮薬品ビル2階(上星川駅徒歩2分)

☎️  訪問診療をご希望の方は、代表045-465-6393 へご連絡ください。

ありがとうを形に!

カテゴリー:横山医院 在宅・緩和クリニック スタッフブログ|更新日時:2020年5月13日

マスクが尽きるのがいつか

不安になっていた時

マスクが手に入った方から、寄付したいと貴重な一箱をいただきました。

人と触れ合うのが少なくなる中

優しさにふれ、こころまでも温かくなりました。

スタッフ一同感謝申し上げます!!

 

自粛生活をする中で、私たち医療者もお礼をいいたい方々がいます!!

自粛生活をしている皆様もですが、配達やゴミ収集してしくださっている方。

配達してくださる方へ 感謝の気持ちを込めて書いてみました!

これからは感染リスクと暑さ、とても厳しい時期になるので気をつけてもらいたいですね。

荷物は同じ配達日したり、時間指定をしないなど私たちにできることも

もっと出来るはず!!

横山医院在宅緩和クリニック

緩和ケア内科・腫瘍内科・内科

横浜市 保土ヶ谷区 上星川 3-2-24  丸宮薬品ビル2階(上星川駅徒歩2分)

☎️  訪問診療をご希望の方は、代表045-465-6393 へご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

© 2019〜 横山医院 在宅・緩和クリニック All Rights Reserved.|ログイン